SponsoredLink

行楽弁当レシピカテゴリの記事一覧

行楽弁当の彩り方法

何かとお弁当を作るのは好きだけど、なんとなく色合いが同じになってしまったり、地味な感じになってしまったり。これってお弁当を作る側には割りと、よく出てくる問題ですよね。
行楽へ行って気持ちもいつもよりテンション高くなっていて、みんなともわきあいあいしていて。お弁当をあけたら、しょんぼりな感じではもったいないです。
こんなことにならないように、行楽弁当を作るときには、アクセントになる色をはじめから知っていると、作るのも楽しく楽になります。お花畑のような行楽弁当を目指すなら、まんなかにピンクやオレンジ系の食材を配置して、周りにはみどりが映えると思います。彩って、おかずばかりを考えがちですが、主食(メイン)でも、いろは綺麗に出すことが出来ますよ〜。

たとえば、定番のおむすびなら、三角の一番上に、中身のひとかけらをのせるのです。梅干なら、梅干のかけらを少し。鮭なら鮭の切れ端を少し。高菜なら高菜を少し。中味に入っていると分からないけれど、上に少しのせることで選ぶのも楽になるし、見栄えはぜんぜん違ってきます。
サンドイッチ風のロール上にパンをまるめて、中味に綺麗な色をもってくれば、これもメインが綺麗にみえます。気を使わない人たちと一緒なら、キムチなんかも実は合うんです。キムチ自体を他の何かと混ぜ合わせて(サラダでもドレッシングだけでも、ツナでもよし)挟み込んでクルクル巻きます。そうすると切ったときの断面が、キムチの赤い色が出るので見た目が綺麗です。
こんな風に、ほんの少しの考え方でいろどりの変化は付けられるんですよ。レッツ、チャレンジです。

行楽弁当のコツ

お弁当と言うと中味がきまりがちですよね。行楽に行くにしても、いつも同じメニューになってしまいがちです。どうにか工夫できないかな?と思ってはいたのですが、作ることでいっぱいいっぱいになってしまって、メニューまで考える余裕が生まれませんでした。
そんなときに、デパ地下などのお惣菜を買ったりして、思ったんです。なんか食欲をそそる色合いだなぁって。少しいつもと色合いを変えるだけでも、変化につながるし見た目も楽しいから、これはいいかもと思いました。
手作り行楽弁当は楽しいのですが、プレッシャーもありますよね。
アウトドア系だと、悪くならないものを選ばなければならないし、そうすると使える材料も決まってくるなぁと、また深みにはまります。
車で出かけるならクーラーボックスに入れて、フルーツやデザートを持参も可能ですね。そうするとバリエーションも広がります。オリジナルの飲み物も持っていかれるし。楽チンです。

ただ、電車の行楽となると考えてしまいます。
そこで、お惣菜などを買うと、毎回「持ち歩きは何時間ですか?」なんて聞かれることを考えました。そうなんですよね、無料で保冷材を付けてくれるんです。
それもたまってしまって、冷凍庫で邪魔な存在になっていたりして。これを使わない手はありません。
あの、もらえる保冷材を行楽弁当の脇においておいたり、フルーツを入れた容器の上に置いておくと、思ったより冷えています。外出先でダメになれば、捨ててきてもかまわないので、これは重宝するなと。
これで行楽弁当のレシピの枠も広がり、メニューも多くなっていいことずくしです。手作りの行楽弁当、やっぱり美味しいし楽しいので、これかれも続けていこうと思えました。

行楽にサンドイッチ

暑い夏も過ぎてきて、行楽にドライブに行くのが楽しい季節に近づいてきました。楽しいドライブやピクニックにかかせないのが、行楽弁当ですよね。楽しみなことを考えながら作ったり、どんな行楽弁当を持ってきてくれるのか期待したり。お昼になるまで楽しみで仕方ありません。
今はとても便利なので、現地に行ってからコンビニでという人もすくなくないかもしれません。でも、それだと楽しさ半減です。だって日常から離れた場所へ遊びに行くのに、食事だけは現実に戻されてしまいます。いつもと同じコンビニの弁当では、ちょっと残念な感じになります。
ここで少し時間は必要ですが、楽しさや旅行の醍醐味として、行楽弁当に挑戦してみてもいいと思うのです。

お弁当や料理が苦手な人は、あまり重く考えず簡単に出来るものでもいいので、作ってみるといいと思います。行楽弁当を作るのに気が重くなりすぎて、楽しさを忘れてはもったいないので。

行楽弁当の簡単レシピとまでは行きませんが、やっぱりサンドイッチなんかは手軽でいいと思います。最近、これは料理が上手じゃなくても「いける!」と思ったものがあります。サンドイッチの中身なのですが、定番のツナやたまご、ハムはもちろんですが、クリームチーズも美味しいのですよ。
少しシャレたスーパーなどに行くと、クリームチーズも種類を多く売っています。バジルが入ったものとか、トマト味のものとか。本格的な味になるし、アクセントにもなるしとにかくオススメなんです。
料理が苦手な方、一度チャレンジしてみてください!