SponsoredLink

行楽弁当ご当地カテゴリの記事一覧

土地の行楽弁当

美味しそうな行楽弁当。京都伏見の行楽弁当に、厚焼き玉子が美味しそうな徳島 行楽 弁当などなど。土地の特徴が出ている行楽弁当も多いですね。そのくらい行楽弁当を楽しみにしている人が多いのかもしれませんね。私もその中の一人ですが。

行楽弁当に限らず、お弁当の色合いをすごく気にするのですが、どーも似たり寄ったりになったりして。最近思ったのは、お弁当を入れる「お弁当箱」の色合いでもずいぶん違って見えるなというところです。今はカラフルな大きさも形もいろいろな「お弁当箱」が出ているので、楽しみながら選ぶといいと思います。
まずは形からといったところでしょうか(笑)その中のおかずにもアクセントを付けて、楽しそうにします。定番のから揚げのとなりは、色が寂しくならないようにきれいな赤とかピンク。ブロッコリーのみどりもきれいですよね。

同じ色でも美味しそうに見えるのもあります。それは人それぞれの好みの問題もありますが、広島 行楽 弁当なんて私は個人的に好きです。広島の名物がもちろん入っているのですが、冬場に味わえる「カキ」なんて、茶色い感じが前面に出ていますが、本当に美味しそう。素材の本当を知っていると、美味しいんだぁと頭が判断するようです。

好きな食材で行くと、福岡 市 行楽 弁当も美味しそう。明太子が大好きなもので・・・。明太子ずくしなんて大変ですね。速攻ゲットすると思います。やっぱり土地の名物はいいなぁとしみじみ。「〜ど真ん中」とかいうお弁当も美味しいのです。コレを散歩やら、行楽のお供にしたら、お昼まで待てるか心配です!
こんな感じで行楽も楽しみ、行楽弁当も楽しむ。最高の癒しの時間になりそうです(笑)